活動報告

【活動レポ】第49回ハンディキャップヨガ

  • LINEで送る

今年初めてのハンディキャップヨガ、第49回目になりました。
今回リードデビューのあっこによるテーマは、『おさわりと気合』!
怪しいテーマですが(笑)、身体の感覚を研ぎ澄ますちょっとしたワークと腹筋いっぱい使って大笑いのテーマでした。

理学療法士でもあるあっこならでは、手足の感覚受容体の違いに着目したワークはとても興味深かったです。
ティッシュで軽く足の裏を触れるとどちらの足を触られたのか分からなかったり、中指!と思ったら人差し指を実際は触れていたり、、、
これ、目をつぶってやるので思った以上に皆さんの感覚と実際の触った場所が違ったりで面白かったです。

私たちが視覚からの情報によって反応・行動の約80%はコントロールされているということと、手の平より足の裏の方が鈍い!といことを身をもって体験。
だからこそ足底筋や下肢を鍛える必要性があることが分かりますね。だって、私たちは立つ、座る、歩くなど日常生活で脚・足をものすごく使うから。
麻痺がある方も、感覚をとらえようとすることで左右の違いなどが感じられたようでした。
その後でしっかり床を踏む足を感じながらポーズをとっていきました。

また、呼吸も同様で、手で触れられると意識ししてその部分が広がるようになります。肩甲骨のあたりにサポーターが手をあて、じっくりご自分の呼吸を観察していきました。呼吸が広がるとその周りの筋肉も緩むので動きやすくなる!?かどうかビフォーアフター試してみると、ガルーダがやり易くなったり背中で両手をかぎ状につかめるようになったりした方もいました。

そして、身体が準備できたところで気合い!タイム^^
アニマル〇口さんのように元気よく、大きな声を出して、オイオイオイオイー!からの椅子のポーズです。
ここは恥ずかしがらず、みんなで大きな声を出すとすっきりー!そして大笑いで腹筋痛いです(笑)
さらに随所にどSな笑顔が散らばめられていますね(#^.^#)

クールダウンでは、心地よい疲れで徐々に皆様が静かにお休み体制へと入りました。

2017年もハンディキャップは、参加者の皆様、そして支えてくれるサポーターの皆様と楽しい時間を作り上げて行きたいと思います。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

次回、第50回ハンディキャップヨガ

2月26日(日)11時~12時30分
ヨガ・シャラ大通
ご予約: hcpyogahokkaido@gmail.com

2月6日(月)はレスパイトヨガ

介護家族のための身体ケア・休息のためのヨガ

2月6日(月)11時~12時15分
エクサー24スポーツクラブ
ご予約:hcpyogahokkaido@gmail.com
090-2075-6373

  • LINEで送る

コメントを残す

*