ハンディキャップヨガⓇ北海道とは

誰もができるヨガ

2012年1月に札幌市内のヨガスタジオで活動をスタートさせた任意団体です。

障がい児・者とその家族や介助者が一緒に運動や外出を楽しめる場を増やしていきたい、

ヨガのイメージが独り歩きしている昨今ですが、誰もができる心身ケアとして活用できる良いツールになることを知ってもらいたいと思っています。

障がいのある人こそ身体を動かす必要があります。

病院などでも運動を進められる方が多いですが、スポーツクラブなどでは対応がまだまだ追い付かず、

障がいを理由に入会を断られる方もいます。

自分でできるかと言ったら、それはやはり難しいのが現実です。

だから、障がいのある人たちでも安心して参加できるヨガクラスとして

ハンディキャップヨガと銘打っています。

 

ヘルプではなくサポート

ハンディキャップヨガ®北海道のメインクラスである大通クラスでは、たくさんのサポーターがいます。

身体の不自由な方の手足をとってポーズの形をつくることではなく、

ご自分の今の心身の状態に合わせて最大限の力を発揮できるサポートをしています。

あくまでもご本人の意思、選択肢に応じて、安全面に配慮したお手伝いをします。

ここで大事にしているのは、参加者とサポーターのコミュニケーションです。

できるできない、チャレンジしてみたい、ちょっと難しいかな、などをお互いによく確認していきます。

 

身体の使い方を学ぶ

ヨガのポーズは、操体法として素晴らしい効果が期待できます。

関節可動域を広げたり、緊張した筋肉の弛緩や逆に弱い部分の強化にもなります。

呼吸法は、心肺機能の向上と共に自律神経に働きかけるので、精神的な落ち着きや身体が温まるので気分の変化を実感します。

障がいのあるなしに関わらず、1人ひとり身体の状態は異なります。

今の心身の状態や感覚を探求する時間をもつことは、だから何ができるか、何が必要かご自身の気づきを高めていきます。

やってみようという気持ちが生まれてきたらそれだけで大きな変化に繋がります。

ヨガはリハビリではありませんが、安全に身体を動かす提案をしていきます。

 

身体の変化は心の変化

長く参加してくださっている方々は、明らかに身体の変化があります。

それによって、自信を高め、もっと外へと出る機会を増やしています。

また、ヨガクラスで知り合った同士で交流を深めたり、他の運動系サークルの情報交換などが盛り上がっています。

身体の変化は心の変化、そして行動の変化に繋がります。